火災危険度とは

地震による火災と倒壊した住宅

火災危険度とは、東京都が測定した地震時の火災の発生による延焼の危険性です。

都内の市街化区域の5,133町丁目について測定しています。

測定方法

火災危険度は、出火の危険性と延焼の危険性から測定しています。

出火の危険性は、家庭や店舗、工場での火気器具、電気器具、化学薬品の使用状況などから測定しています。

延焼の危険性は、建物の材質や間隔などから測定しています。

地震による同時多発的な火災

火災危険度の見方

火災危険度の数字が大きいほど、危険性が高いことを示しています。

全5133町丁目中、

最も高い危険度5は84町丁目(1.6%)

次に高い危険度4は284町丁目(5.6%)

危険度3は813町丁目(15.8%)

危険度2は1634町丁目(31.8%)

最も低い危険度1は2318町丁目(45.2%)

となっています。


その他のお役立ち記事を見る。


引用元:

東京都都市整備局 http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp